漢方ライフ

漢方って意外に身近なものでした

*

漢方は日本古来の伝統医学でした

   

漢方と言うと「苦い」とか「まずい」とか「高い」、「あやしげ」、「時間がかかる」ということを言う人がいます。
また、「中国のものでしょ」といわれることもあります。

でも、これって「漢方」というよりは「漢方薬」のイメージなのです。
漢方というのは方法論です。漢方による治療で使われる薬が漢方薬で、漢方に基づく食養生がら薬膳。
気功や整体。鍼灸なども漢方に含まれるのです。

漢方は、奈良時代ごろに中国から伝来しました。
何だやっぱり中国のものじゃないかという声が聞こえてきそうですね。
確かに考え方は中国から入ってきましたが、その後は湿度の高い島国という日本の気候や、日本人の気質、体質に合わせて発達した日本独自のものです。
中国に漢方はありません。
中国のものは中医学、韓国のものは韓方といいます。

何故漢方と呼ばれるようになったかと言うと、江戸時代になってオランダから蘭方が入ってきて、今までの伝統医学を何と呼ぼうと考えた時に、西洋医学が蘭方だからこちらは漢方と呼ぼうと決まったといわれています。

西洋医学が入ってきて、解剖して身体の中がどうなっているのか目で見るずっと前から、人間には五臓六腑があって、人間は気・血・水で出来ていると考えていました。
スゴイと思いませんか?

 - 未分類